「補綴専門医」在籍の東京都江東区にある歯医者(歯科医院)|中澤歯科クリニック | 2016 | 2月

〒135-0002 東京都江東区住吉2-25-2

医院ブログ
日本歯科色彩学会見学会 我が国における最新鋭CAD/CAM歯科技工の現状
2016/02/24

img217

福島県にある和田精密歯研株式会社東日本加工センターを見学してきました。このセンターでは、レーザーシンタリングやCAD/CAMでクラウンなどを製作しています。東京のラボともインターネットで繋がっています。

第4次産業革命、IoTと呼ばれる現象が日本の歯科技工にも押し寄せてきました。そのなかでもこちらは日本で最先端の施設です。施設見学と最新の歯科技工について講演をしていただきました。和田精密歯研の皆様には大変にお世話になりました。感謝申し上げます。更なる発展を期待したいと思います。

 

デジタル歯科技工2デジタル歯科技工

江東区歯科医師会学術講演会「歯科用レーザーと歯科医療」
2016/02/12

2月10日 江東区歯科医師会にて第2回学術講演会が開催されました。「歯科用レーザーと歯科医療」と題して永井茂之先生にご講演をいただきました。先生は昨年の日本歯科医師会雑誌に論文をお書きになるなど、歯科用レーザーの第一人者です。レーザーにはさまざまな種類があり、各々の特徴を活かした使用法について解説されました。

当院でも、レーザーを用いた齲蝕検出装置ダイアグノデントや炭酸ガスレーザー、光治療器を導入しています。レーザー治療は痛みがほとんどなく、治癒が早いという特徴がありますので、症例に見合った上手な活用をしていきたいと思います。

先生とは学会活動でご一緒させていただいていただいていますので、来週末に企画している和田精密歯研(株)東日本加工センター見学会−我が国における最新鋭CAD/CAM歯科技工の現状−」についても紹介していただきました。(^_^) 

虫歯菌、脳出血に関与=止血作用を阻害―国循
2016/02/06
時事通信 2月5日(金)19時13分配信からの引用です。

 虫歯の原因菌として知られるミュータンス菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。
国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。
研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれるミュータンス菌を培養した。
このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。

全3件中 1〜3件目を表示

オンライン診察予約
詳しいご相談内容のある方はお電話にてご予約をお願いします

24時間WEB予約