「補綴専門医」在籍の東京都江東区にある歯医者(歯科医院)|中澤歯科クリニック│スタッフブログ

〒135-0002 東京都江東区住吉2-25-2

医院ブログ
秋の検診
2017/11/17

先日、秋の保育園の検診へ行ってきました。

毎回子供の年齢に応じて、むし歯チェック・染め出し・歯磨き指導を行っています。

指導内容は個別に用紙へ記入し保護者の方にお渡ししていますが、とても好評だそうで、こちらとしてもやりがいがあります(^-^)

小さいうちからきちんと歯磨きする習慣をぜひ身につけてほしいですね♪

11月誕生日ランチ♪
2017/11/11

恒例の誕生日ランチ&ミーティングがありました!

いつも美味しいお料理とデザートに大満足です♪

次の人の誕生日ランチが待ち遠しいです(*´∇`*)

秋の学会シーズン
2017/10/05

ようやく過ごしやすい季節になってきました。食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、いろいろ呼ばれていますが、この季節は学会シーズンでもあります。最近は医学の進歩に伴い歯科においても様々な学会ができ、春秋問わず年中、学会シーズンといった状況になっています。

今年もさまざまな学会や研修会に参加してきました。主だったものを挙げてみますと、2月には日本歯科補綴学会で、審美的ジルコニアクラウンの臨床応用について発表しました。また、医院スタッフと共にエステ感覚で受けていただけるワンランク上のクリーニングについての実技研修を丸1日かけて受講しました。

3月には日本歯科色彩学会のニコン見学会やIDSケルン国際デンタルショー、4,5月にはバーゼルITIワールドコングレスに参加しました。5月にはストローマン社デジタルデンティストリーセミナー、6月にはアメリカにおけるデジタル歯科の第一人者インディアナ大学ディーンモートン教授のDigital Dentelisitry Clinical Applicatin of Intraoral Scanners と題する講演会を聴講しました。

7月には日本歯科色彩学会学術大会が新潟で開催され、院長も長岡造形大学視覚デザイン学科教授 松本明彦先生の特別講演「正しく色を表示し、見た目とモニター表示を近づける環境」の座長を務めさせていただきました。翌日は横浜で日本歯科補綴学会の学術大会に参加し、専門医研修も受講してきました。

また、この月は日本歯科大学で開催された東京都歯科医師会主催の歯周病セミナーも受講し、リグロスという日本発の画期的な歯周病再生剤について学んできました。この薬は既定の講習を受けないと使用することができないのです。和田精密歯研という日本最大の歯科技工会社の和田会長の講演も拝聴してきました。

9月は日本歯科審美学会の国際大会が富山で開催され、翌週は日本口腔インプラント学会が仙台で開催され、専門医研修も受講しました。補綴学会、インプラント学会とも専門医研修の内容は「デジタルデンティストリー」でした。デジタル化による生産性の向上を目指すドイツの国家プロジェクトインダストリー4.0にはじまる世界的なインターネットと融合したデジタル化の波がいよいよわが国の歯科にも波及してきたことを感じます。詳細につきましては、近日中に医院からのお知らせで報告する予定です。10月、11月はマイクロスコープを用いた歯内療法の追加研修を受講する予定ですので、休日もほとんど埋まっている今日この頃です。

今月のBithday
2017/08/21

8月にしては雨が多くお日様の恋しい日が続いています。

今月はスタッフが3名誕生日を迎え中澤歯科恒例のBithday Lunchでお祝いです☆

Lunchもですが、デザートがまた美味♡

元気に誕生日を迎える事と食べる喜びを実感したひとときです(^-^)v

暑気払いで🎶
2017/07/21

梅雨も明けて暑くなってきましたね(*´∨`*)ノ
中澤歯科では暑気払いということで、みんなで落語を見に行ってきました!


初めての落語でしたが感動あり、もちろん笑いもありでとても良いお話を聞くことができました(* ॑꒳ ॑*)!

最後は美味しいご飯もいただいて、とても楽しい1日になりました♪

保育園の検診
2017/06/24

先日、恒例の保育園の歯科検診へ行ってきました!(^^)
院長と副院長がむし歯をチェックして、歯科衛生士が染め出しと歯磨き指導をしています。

年に2回行っているので、保育園の先生や保護者の方の意識も高いように感じます。
年々子供たちも歯磨きが上手になっています♪
子供のうちからきちんと歯磨き習慣を身に付けて、いつまでも歯を大切にしたいですね(*^-^*)

ITIワールドシンポジウムに参加しました。
2017/05/10

5月4日~6日までスイスのバーゼルで開催された、ITI World Symposium Basel に参加しました。
3年に1回、世界各国から約5000人が参加する世界最大のインプラントの学術大会です。一つの会場に3000人以上が一堂に会して朝から晩まで、科学的根拠に基づいた信頼性の高い最新の知見を勉強します。今回は「長期間の成功のためのキーファクター」と題して、数多くの講演が行われました。

日本からも大学の教授の先生や若い医局員の先生、スペシャリストと呼ばれる先生方が大勢参加していました。東京歯科大学口腔インプラント科の先生方と一緒に食事会をするなど、ハードながらも充実した楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

あきらめていたお肉が食べられるようになりました。
2017/03/30

もうお肉は食べられないとあきらめていました。
でも、新しい入れ歯を入れたらお肉が食べられるようになったんです。
この間は いきなり!ステーキに行って思う存分食べてきました。
治療が終了した日、患者さんが嬉しそうに語ってくれました。

その一言が私たちの何よりの励みになります。
これからもよく噛める入れ歯をめざして努力してまいります。

これからは、これ以上歯を失わないようにケアを頑張っていきましょう。

入れ歯は自分の歯にはかないません。
でも少しでも自分の歯に近い入れ歯にしたいと思っています。
いろいろな方法がありますので、お気軽にご相談ください。

治療前

虫歯と歯周病が進行して満足に食事ができない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

治療後

 

抜かないで済む歯は治療して残しています。
入れ歯を止めるバネ(クラスプ)が見えない
ように特殊なアタッチメントを使用しています。
口唇をめくって撮影しているので、上のバネは
日常生活では見えません。

誕生日♪
2017/03/24

先日、誕生日のお祝いをしていただきました♪

今年も素敵なプレゼントをたくさんいただいてとっても嬉しいです(*´∨`*)

ありがとうございました!!

プロに学ぶデジタルカメラの作法
2017/03/09

3月5日、日本歯科色彩学会の見学会を開催しました。今年度は株式会社ニコンを訪問し、口腔内撮影、顔貌撮影、動画撮影などについて、ニコンカレッジ講師・フォトコンサルタントの倉持永先生から、1人1台のカメラを使用し実技指導をしていただきました。歯科が相手にする歯の色は色差1~2という非常に細かいところです。正確に色を記録し、再現することが、治療の良し悪しに大きく影響します。治療経過の評価のみならず、実際に目で見て確認していただくこと、患者さんとのコミュニケーションにも写真は大切です。参加者は真剣に取り組んでいました。

全49件中 1〜10件目を表示